カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク

H26年 河津桜! オッケー☆⌒c( ̄▽ ̄)

H26年 河津桜! オッケー☆⌒c( ̄▽ ̄)

H26年 河津桜! オッケー☆⌒c( ̄▽ ̄)

 昨日の日曜日は、久しぶりにコレといった予定が無く天気にも恵まれたので、養老川河川敷に植えられている河津桜を眺めながらのウォーキングです!自分ではベストショットと思った画像が、家に辿り着きパソコンの中に取り込んで見てみると、手前の花がピンぼけになっています。デジカメのアノ小さいモニターでは、メガネをかけないと画像が確認出来ないほど老眼が進んでいるようです・・・。

 それはさておき、蕾の段階の河津桜はくすんだピンク色で余りキレイとはいえませんが、一旦花が咲き出すと濃い色から淡いピンク色の花びらに変わり、桜の代名詞となるソメイヨシノと遜色ない綺麗な花を楽しませてくれます~! d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

皆さまの応援が、何よりの励みになります。何卒!下記のバナーにクリックの程を、よろしくお願い申し上げます!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛




テキサス親父 5 ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!







 残念な事に日本国内では、軸足を愛すべき祖国「日本」に置いているマスコミが圧倒的に少ない状態です。そんな中でアメリカ合衆国から、ことある事に援護射撃の如く日本に住む私達に有益な情報や真っ当な行動をを示し続けている「テキサス親父」こと、トニー・マラーノさんは、とても・とてもぉ~!貴重で有難い存在です! ミ★(*^▽゚)v Thanks!!★彡

皆さまの応援が、何よりの励みになります。何卒!下記のバナーにクリックの程を、よろしくお願い申し上げます!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛


成田山 東京別院 「深川不動堂」へ (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

成田山 東京別院 「深川不動堂」へ (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

成田山 東京別院 「深川不動堂」へ (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

成田山 東京別院 「深川不動堂」へ (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

成田山 東京別院 「深川不動堂」へ (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

成田山 東京別院 「深川不動堂」へ (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 富岡八幡宮の境内の大鳥神社で参拝を済ませて、道路を渡り深川公園を横切ると「深川のお不動様」として親しまれている千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院「深川不動堂」の参道に行き着きます。日曜日の朝早くなので、参道の商店街もようやくお店を開け始めたばかりといった感じです。商売繁盛の祈願は富岡八幡宮で済ませてきたばかりなので、プライベートで頭を悩ます所願の成就を深川不動堂で祈念させて頂いた次第です。出掛ける時間が早いお陰で、予め予定していた事はスムーズに進みました~!

 皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛



冨岡八幡宮で・・・! (○ `人´ ○) オネガイシマス- !

冨岡八幡宮で・・・! (○ `人´ ○) オネガイシマス- !

冨岡八幡宮で・・・! (○ `人´ ○) オネガイシマス- !

冨岡八幡宮で・・・! (○ `人´ ○) オネガイシマス- !

冨岡八幡宮で・・・! (○ `人´ ○) オネガイシマス- !

冨岡八幡宮で・・・! (○ `人´ ○) オネガイシマス- !

 東京都江東区富岡にある、「富岡八幡宮」別名を「深川八幡」に昨日出かけてきました。目的は商売繁盛・家内安全を祈願して、縁起物の熊手を購入することです。その熊手も年々大きくして行き、お店の人が尺と呼ぶ大きさにまでなっています。例年ですと二の酉の日に訪れる事が多くなっていますが、今年は二の酉に当たる日がどうにもプライベートで都合が付かなくなりそうなので前倒しで一の酉に訪れた次第です。

 何時もなら、境内裏手にある駐車場に車を停めて拝殿で参拝を済ませてから熊手を購入して慌ただしく帰るという流れになりますが、昨日は朝早く出掛けて時間の余裕もあったので正規ルートの大鳥居の参拝道からのお参りです。伊能忠敬の銅像や大関力士碑を写真に収めて、何時ものお店でそれなりの金額で熊手を購入して、拝殿で商売繁盛の祈願を済ませて富岡八幡宮を後にしました。この後、歩いても5分とかからない「深川不動尊」にも立ち寄ることに・・・。

 皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛


お伊勢参り! 6 (≡^∇^≡)ニャハハ

お伊勢参り! 6 (≡^∇^≡)ニャハハ

お伊勢参り! 6 (≡^∇^≡)ニャハハ

お伊勢参り! 6 (≡^∇^≡)ニャハハ

 参道を暫く歩き、両側に緑豊かな木々が生い茂る所まで進むと、第一鳥居が見えてまいりました。この鳥居を潜り抜けて直ぐの御手洗場で、心身を五十鈴川の清流で清めてから第二鳥居の方向に向います。御札や御守を受けられる神楽殿の前を進み、人集りになっているところで歩みを止めると、新御敷地に檜の香り漂う新しい社殿が造営されているのを目にすることが出来ます。
 
 20年に1度行われる式年遷宮で、これからの20年を正宮としてご祭神の天照大御神を大事に祀る新しい社殿は、神々しいという言葉がこれほどピッタリする表現は他にないと思われます。暫し我を忘れて呆然と見とれてしまい、第62回目の式年遷宮が無事に終るまでは現在の正宮で参拝となることを我に返り思い出す次第です。

 この後、粛々と清らかな気持ちで正宮参拝をさせて頂き、又何れかの時に参拝をさせて頂くよう祈念を切に願ってから帰路に就きます。暑いながらも天気には恵まれて、無理をしたけれど本当に来て良かった~!と思える瞬間でした。

 皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛


お伊勢参り! 5 ☆^(o≧▽゚)oニパッ

お伊勢参り! 5 ☆^(o≧▽゚)oニパッ

お伊勢参り! 5 ☆^(o≧▽゚)oニパッ

お伊勢参り! 5 ☆^(o≧▽゚)oニパッ

 多少の寄り道をしながら、ようやく伊勢神宮の内宮前・大鳥居に到着です。五十鈴川の清流にかかる宇治橋を渡ると、参道は深い森につつまれ静かで神々しい空気を感じます。何度訪れても、自然に背筋がピーンと伸びる威厳のある佇まいに圧倒されます!始めて伊勢神宮に参拝に訪れたのは、平成10年頃だったかな?地元の有志30数人で大型観光バスを貸し切り、確か2泊3日の行程でこの地に訪れたことを思い出します。

 私の年齢は当時で34歳、伊勢神宮の内宮・外宮の参拝が建前上の目的であることは言うに及ばず、私自身も夜の宴を楽しみにしていた動機が不純な参拝旅行でした。平成12年12月12日に、ある願掛けを祈念に妻と訪れた事も・・・。年末に向い現場仕事が集中する中、何とか仕事をやり繰りしてあの時は車中泊の強行軍で辛い思いも。私自身のその当時の”出来事”を照らし合わせてみると、節目・節目で動機が不純であったとしても有難いことに参拝させて頂いております。

 今日まで、家族一同が平静に暮らせてきた多大なる御礼と心に秘める熱い思いを胸に参道を粛々と進んで参ります。

 皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛


お伊勢参り! 4 =^-^=うふっ♪

お伊勢参り! 4 =^-^=うふっ♪

お伊勢参り! 4 =^-^=うふっ♪

お伊勢参り! 4 =^-^=うふっ♪

 比較的に人通りの少ない通りが終わり、参拝や観光の方々で賑わう人混みの中に入ると、赤福の本店が老舗の風格が漂う堂々とした店構えで新橋の袂に佇んでおりました。朔日餅の発売日になると、整理券を求めて長蛇の列が出来る新橋はTVの映像で何度か見た事がある橋です。その新橋の反対側には、当時の赤福社長の指揮下で「お蔭参りで賑わった頃の町並み」というテーマで、江戸時代末期から明治時代初期の門前町の町並みを再現したおかげ横丁があり、伊勢志摩を代表する観光地となっているようです。

お伊勢参り! 4 =^-^=うふっ♪

お伊勢参り! 4 =^-^=うふっ♪

 伊勢神宮の門前町として栄えた宇治地区は、江戸時代には最高で年間400万人もの参拝客が訪れる庶民の憧れの地でありました。しかし、時代は高度経済成長期を迎え年々減少する参拝客数の状況を何とか打開しようと、この地に本店を構える老舗和菓子店の赤福が中心に立ち上がり、わずか10年でおはらい町を伝統的で美しい木造建築の建物に修景したとの事です。細部に至るまで徹底的に再現した妻入りの木造建築は木目が美しいとされる、トガ材ですべての建物を建築して土壁や瓦の焼き具合などにも注意が払われているようです。

 皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛



お伊勢参り! 3 o(*^▽^*)oエヘヘ!

お伊勢参り! 3 o(*^▽^*)oエヘヘ!

お伊勢参り! 3 o(*^▽^*)oエヘヘ!

お伊勢参り! 3 o(*^▽^*)oエヘヘ!

 地下道の内宮おかげ参道を通り抜けて、地上に出て直ぐの公衆トイレの前に設置されていた案内地図を参考に歩を進めて行きます。道すがら、アイスクリームを売っていたお店でオブジェとなっていた3輪車のミゼットを発見!当然のようにデジカメに収め、更に歩を進めると「神宮道場」という看板が掛かった門構えが目に付きました。

お伊勢参り! 3 o(*^▽^*)oエヘヘ!

お伊勢参り! 3 o(*^▽^*)oエヘヘ!

 調べてみたところ、神宮司庁の旧庁舎で昭和48年までは神宮の全ての事務がこの建物で取り扱われていたとの事、昭和51年に神宮道場と改称されて神職や神職を志す学生の研修施設として活用されているということです。名前からすると、何か武道でも教える場所?と思ってしまいますが、そうではありませんでした。それにしても感心するのが、街の佇まいや街並みがとても綺麗だという事。郵便局も例外には、ならないようです!

皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛



お伊勢参り! 2 うふ♪(* ̄ー ̄)v

お伊勢参り! 2 うふ♪(* ̄ー ̄)v

お伊勢参り! 2 うふ♪(* ̄ー ̄)v

お伊勢参り! 2 うふ♪(* ̄ー ̄)v

 妻に促されて我に返り、参拝道に向います。交通量が比較的に多い、県道32号線「御木本道路」の横断は内宮おかげ参道という地下道を潜っての横断となります。さすが!お伊勢さん、と感心するのがこの地下道にも表れていますね!どうしても、無機質に成り勝ちな近代建築様式の地下道を古き良き建築様式で補い、屏風や照明等センス良く使って我が国で最も貴い伊勢神宮の参拝道にふさわしい地下道となっています!

 兎に角、私が色んな事を考えて写真撮影で時間を取るので妻より先行して歩き、気になるものを見つけると立ち止まり撮影して妻に追いつかれる、そんなことの繰り返しで参拝道を進んで行きます。何度か伊勢神宮の参拝はさせて頂いておりますが、内宮から離れた場所に車を停めた事がなかったので目に留まるものがすべて新鮮に見えてしまいます~!

皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛



お伊勢参り! 1 d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

お伊勢参り! 1 d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

お伊勢参り! 1 d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

 冷房設備は無いものの、開放的で趣きのある赤福の喫茶・休憩所で妻がのんびりと休息をしている間に、私は周囲の建物を気の向くままに目に付いたものをバシバシと撮影して回りました。この日の昼食は、奈良県生駒市からこの地に向かうまでの途中で生憎と済ませてしまったので、美味しそうなメニューが表記され、赤福と同じ敷地内に併設されているお食事処はグッと我慢で写真撮影だけに致します。

 そうこうしている内に、妻の体力も回復してきたらしく私に冷たい視線を送るようになってきたのに気が付きます。妻の体力の回復が目当ての休憩でしたが、いつの間にかに私の趣味とする写真撮影が主になっていましたからね。でも言わせてもらえば言い訳にしかなりませんが、私の気を引く珍しいものが沢山あるんですものぉ~!という私の心の叫びは聞こえないらしく、出発する準備を始めています・・・。

お伊勢参り! 1 d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

お伊勢参り! 1 d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

お伊勢参り! 1 d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

皆さまの応援が、何よりの励みになります!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛


プロフィール

たるペー

Author:たるペー
当店ブログサイトに、お越し頂き誠にありがとうございます!
数多くの、現場施工例を画像と共に掲載しております。リフォーム・建築関係・自作PC・私が住んでいる千葉県市原市の事など。私自身が興味を持った事を中心に、ブログを更新して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます!


お問い合わせは、下記の連絡先からよろしくお願い致します!

TEL0436-21-4488
FAX0436-21-4489

電子メールでのお問い合わせは、コチラからお願い致します!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
154位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
天気予報
コラボシステム
Googleマップ

by 無料ブログパーツ製作所 [PR]

QRコード
超えてゆけそこを!
QR
千葉県のランキング